カテゴリー別アーカイブ: 毛穴

アルガンオイルの効果

CMなどでも耳にすることが多くなった「アルガンオイル」
私が初めてアルガンオイルを知ったのは3年程前のことでした。
当時通っていたエステサロンで勧められたことがきっかけで、当時乾燥肌に悩まされていたので試しに購入してみました。

価格は顔用は50cc入り3,000円、髪用は70cc入り2,800円です。

まず、顔用から試してみました。
使い方の基本は、洗顔後に通常のスキンケアをし最後にアルガンオイルをつける・・・というものです。
私は乾燥が酷い状態だったのでサロンの方のアドバイスもあり下記のような使用をしました。

① 洗顔後アルガンオイルを薄くつけ、ホットタオルを使い数分おく。
② 通常のスキンケアを行う。(化粧水→乳液)
③ 最後にまたアルガンオイルを薄くつける。

という方法です。
オイルというとベタベタした印象が強いですが、アルガンオイルは浸透性が高くつけたあともサラサラしていました。
アルガンオイルの成分に含まれているビタミンEの効能(抗酸化作用)が肌にダイレクトに伝わるおかげ?なのか、しみやしわも改善されたように思います。
一番気になっていた乾燥肌については、この方法でアルガンオイルを使った翌日から今までとは全然違うほどしっとりしていました!
今まで使っていたスキンケア用品と比べて保湿力が格段に違い、肌にハリも出てきています。

また、髪用のアルガンオイルはプッシュタイプだったので、半乾きのときに直接スプレーしたり毛先に揉みこんだりして使っています。
しっかりなじませることによってドライヤーの熱からも守ってくれそうな気がします。
注意していたことは、髪に使う場合完全に乾いた状態で使用しないこと。
浸透率も下がりオイルが水分の蒸発を助長しより乾燥が酷くなる場合もあるからです。
最初は知らずに乾いた髪に使っていました・・。
使い方をきちんと守ってからは髪のまとまりが良くなった気がします。
湿度の高い日などでも膨張しにくくなったのも嬉しいです。

スキンケア用品としてはお手頃価格なので、今でも定期的に使って保湿やエイジングケアをしています!

労わるスキンケア

紫外線・メイク・乾燥と戦う肌の1日は大変忙しいです。素肌に戻してあげる時、やさしく擦らず撫でるように洗う事にしています。

洗顔・ボディケアには石鹸を使っています。もともと皮脂が少なく外的刺激に弱く、アトピー性皮膚炎でもあるので、よく泡立てて洗浄成分を緩やかにするようにしています。皮膚科の主治医の先生に教えてもらいました。泡立つと気持ちがいいので、ついついくるくると何度もやってしまう事も。そんな時は、湯上りに感じる肌が乾燥する感触が強くなったり、ちょっと弱っていたところがカサカサして痒くなったりします。

また、撫でるように洗うことで、手のひらと肌との摩擦を抑える事も重要だそうです。肌にっ負担がかかり、疲労がたまっていってシワ・乾燥などで現れるそうなので。その洗顔洗浄方法でケアしてきたためか、アトピーの割にはきれいな肌だねとおっしゃって頂いています。

素肌コンディションを上げる、コンディションが上がるとファンデも美容クリームなども重ねず厚く何度も塗らなくていい、塗りすぎて無いので洗うのもラクチン=洗浄で肌に負担をかけないというサイクルになるように気をつけています。エイジングケアが気になりたくさんいろんなモノをつけていた時のほうが毛穴が気になったりしていたかもしれません。毛穴が気になるからどんどん洗浄力の強いモノに変わっていっていました。

洗って毛穴をスッキリさせることが一番だと勘違いしていたのです。元々皮脂も少ないのに。メイクもしない日が多いのにクレンジングに力を入れていたため、皮脂を根こそぎ取られて毛穴もフル回転で皮脂を出していたのかもしれません。

洗顔方法を変えて、肌コンディションがあがり今はほっとしています。お化粧水や美容液は変えていません。お肌に悩んでいる方にはぜひ労わるスキンケアをお勧めしたいです。